きちんと學びたい人のための小説の書き方講座

作者 フィルムアート社/フィルムアート社

694

242人が評価しました

★で稱える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

物語のキャラクター造型や構成について、理論的に學ぶことができます。他レビュアーの方がご指摘されているように、フィルムアート社様の書籍からの引用も多く「どの書籍を購入しようか」と迷っている方にも役立ちそうです。

キャラクター篇、物語の構成篇ともに創作のうえで重要なコラムですが、私は習慣篇にも勵まされました。腳本が卻下されて毛布をかぶり「可哀想な私」と嘆き悲しむアキヴァ?ゴールズマン、1人に駄目だと言われてもまだ1000人殘っているという『腳本を書くための101の習慣』からの引用文。4時起床、21時就寢の村上春樹さんの健康的な習慣はぜひ真似したいです。

以前、児童文學作家の角野栄子さんが「結末を決めずに書く」と公言されており、自分にはとても無理だ、と驚愕しましたが、こちらの連載を読み彼女は天才型のパンツァーで私はプロッターなのだな、と納得しました。また、これまで夢中になった小説やドラマ、映畫を振り返ると、こちらに書かれているキャラクター造型や構成にぴたりと當てはまり、「やはり人を引きつけてやまない物語には型があるのだな」と実感しました。

「構成と登場人物のどちらが重要かという問いには意味がない。というのも、構成が登場人物を形作り、登場人物が構成を形作るからだ」このロバート?マッキーの言葉を胸に、小説を書き続けていきます。今後も毎週水曜日、楽しみにしています。

★★★ Excellent!!!

カクヨムユーザーさんは凄く恵まれています。「創作の神様との付き合い方」は非常に大切な事を書いています。
シナリオ志望の時にメソッド本10冊買って読んだ內の『腳本を書くための101の習慣』における血肉になったことが、ここで抜き出されています。メソッド本100冊読んだとして、運があって巡り會えるかの大切な事です。

日本人ならば概念的な神様が降りて來るで済まされる事が、西洋は神様と常に向き合ってる事もあって、その過程を體系化出來ているからです。

メモを思いついたら取る事。まずはそこから入って、次第にオーサライズされる事で、幾重にもアプローチ出來ては、ワンパターンや見た事ある展開も回避出來るかもしれません。
詳しくはどうぞ「創作の神様との付き合い方」を読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

「お話は天から降りてくる」
ぼくも、そんな勘違いを何年間も続けてきました。それで上手くいくケースもあった。
けれど、特に最近は、途中から話が思いつかない。設定が破綻していることに気づかない。キャラに深みがない。そもそも、この話面白くない等々……何故、こうなった!
その答えは全てここにありました。
小説の書き方、もう一度最初から勉強し直して生まれ変わるぞ!

★★★ Excellent!!!

 私自身、あまり創作論や書き方講座というものに興味がなかったからでしょうか……、

 まだ序盤の序盤「キャラクター」の設定とか、必要なことについてですが、それでも読んでよかったなと思いました!

 こういった創作論の類いは、なんとなく抽象的なことを書いててそれで文字數稼いで結局うやむや~みたいな感じやろと勝手に思っていましたが、ぜんぜん、そんなことなかった。

 まず、具體的です。

 そして引用がいっぱいです笑

 もう、ホント、分厚い參考書片手に講義受けてる感じ笑

 冒頭「ストーリーには普遍的な『型』がある」と強調されている通り、最初の章「キャラクター」では具體的に5つ紹介されていて、そこを読んで、

 はぇ~、なるほどねぇ~……っていう笑

 ちなみに最初のお題が「キャラクター」についてという、およそ物語のつくり手の、誰しもが直面する、悩む題材を、まず取り上げている點……とても親切に感じました。

 一點だけ言うなら「これを読めば面白いものが書けるようになる」ではなく、ここで紹介されているのはあくまで「物語にある『型』」であることを認識したほうがいいかもです。

 そして、物語をつくる際に、役立ててみてはいかがでしょうか。

 まだまだ講義は始まったばかりでございますね。

 最前列で、受講したいと思います(ぼっち)。

★★ Very Good!!

蜘蛛とかスライムとかに転生して、葛藤とか內的成長とかあるんですか。私にはよくわかりません。

逆にここに書かれてることの反対の作品が書籍化しまくってる気がするんですがね。

このままじゃいかんという出版社の焦りの表れかもしれません。

実踐すれば、すぐに忘れ去られる1クールアニメみたいな作品が量産できるでしょう。あとは自分次第だと思います。

★★★ Excellent!!!

この物語作りは建設業に似ている。いや、ものつくりのプロセスは底辺にある基礎からピラミッド方に狹め最後に頂點を極め完成の域に達する。
それ迄に至る経過は作業で張り、発想や構成ではないと思う。

フイルムアート社での発行するカクヨムでの投稿企畫。
まずは一番 最初に作り上げる基礎の土臺つくりの部分を記しているが、今回の
「キャラクター設定」に関する考え方は、なるほどと言う共感出る出來る部分が多々ありました。

主人公を固定化するのではなく、周りの優位なキャラクターたちが、枠を狹め、結果該當する人物が主人公として成り立つ土臺構成と言う案も、一風の流れとして成り立つのではないかと言うひらめきも得ることが、今回の投稿を読ませていただいて思い付きました。

基礎の型。この型をいかにアレンジできるかが、ファーストステップなのか。と言う問題定義も生まれますけど、それが逆に言えば書き手にとっては面白さでもあり、物語をを構成する上での醍醐味でもあると思います。

新築の家が完成しそのオーナー(依頼主)は外観を見て納得し、初めて入る玄関で感激と期待感を得る。
家の內部を見渡し、納得いく出來栄えであれば感嘆の想いと言葉がおのずと口から出る。
全てが順調うであればキャラクターの個性は生まれない。だがここで問題が発生すれば、心理の……。當人の想いが湧き、口にする。
ここで、そのキャラクターの本位の姿が垣間見ることが出來るようになる。
その描寫をいかに表現するかがポイントでもあると思います。
そして、それを受ける施工側。視點を変えれば施工側もこの題材の中核をなすキャラとしてなりうる存在でもある。

そこから繋がる感情が仕事でつながる人々の存在を受けうつり、個性あるキャラが生み出されるのではないのかなぁって思いますねぇ。



こうなれば、この家のオーナーは一主人公であるように感じるが、キャラ特性を追う… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

特にこれを読んでほしい人は「創作は型にはめ込むと個性が無くなる」と思っている人で、なおかつ今一つ人気が出ない人。

なぜならそういう人は「才能の無いパンツァー」の可能性が高いからだ。
身の內を明かすと俺だってその「才能の無いパンツァー」だ。

「パンツァーってなんだ?」という答えは本文の「はじめに」の部分に書いてあるので詳しくはそこを參照いただければなとは思う。
(蛇足だがガールズ&パンツァーとは何の関係も無い)


実を言うとフィルムアート社の本は「SAVE THE CATの法則で売れる小説を書く」と「工學的ストーリー創作入門」の2冊を同社の物と知らずに買っていたんですが「型にはめ込むと個性が無くなる。ハリウッド映畫みたいにみんな「最後はなんとなく悪人っぽい人が出てきて死んだ」みたいな話ばかりになってしまう」と思って1回読んだきりで內容はすっかり忘れていました。

わざと遠回りをしていたというか、プライドや意地が邪魔になってしなくてもいい苦労をしていたというか、もったいない生き方をしていたなとは思います。

このレビューを読んでいる皆様は同じ轍は踏まなくてもいいです。時間の無駄ですので。

★★ Very Good!!

 失禮、あまり品性の無いタイトルでしたね。しかし、一度読んでみて下さい。そうすれば、この品性の無い言葉が何を示しているのか解ります。

 下手ではあるが、上手くなりたい。
 ならば、やはりプロの技術を掠め盜るのが手っ取り早い。
 相手がわざわざポケットから財布を抜いて目の前に差し出してくれている!(しかも、中身はどっさり!)
 ならば、皆さんで盜ませて貰いましょうよ。

★★★ Excellent!!!

家やビルを建てるためには、必ず建築の技術を學ぶ必要がある。
同じように、漫畫?アニメ?小説?映畫に限らず、物語を創るためにはその基本の技術をまず學ぶ必要があります。

「自分の才能や感覚を頼りに書け」というのは、作家が自分の技術を他人に知られないようについた都合の良い噓です。
つまり、物語を書くには何千年も前から研究されてきたシナリオ制作の技術を習得する必要があるわけで、このフィルムアート社はその技術を日本に輸入してくれる我々からしたら神様のような存在です。作家はみんなフィルムアート社の株を買わなければならないというのはこの世界の常識ですね。

なぜ輸入(つまり外國本翻訳)しなければならないのかというと、単純に日本はシナリオ理論について後進國だからです。東京工科大學などが構造理論として研究を進めてくれているだけで、ほとんどの日本人は「物語は感覚で書くもの」と信じて疑いません。だから日本の映畫やドラマは世界的に見ると評価が低いのです。
建物を建てる時に、建築技術を學んだ者(ハリウッド)と、學んでない者(日本)の差は當たり前です。
物語先進國の研究を日本にいながら學べるのですから、本當にありがたいことだと思います。

物語の基礎を學ばずに物語を書くというのは、「設計図を引かずにビルや家を建てる」のと同じで、建てること自體はできるかもしれませんが、とても安心して購入できません。設計図をプロットに変えると理解しやすいでしょう。

人間の脳みそは皆同じように思考し、感じる。だからこそ、どう物語を作ればどう言う反応が起こせるかがわかるわけです。
1回目で語られている、物語には決まった形があるというのはそういうことで、これは物語という一定の形式に脳が反応して情報共有しやすいように人が進化したからです。つまり、生物學?脳科學の研究分野であり、日本人が思っているような蕓術のうんちくではない… 続きを読む

中文天堂最新版在线www-bt天堂网www天堂-电影天堂
金塔县| 洛扎县| 永胜县| 吴堡县| 宜昌市| 德令哈市| 玉树县| 湖州市| 巴里| 华蓥市| 上栗县| 崇文区| 肥城市| 洱源县| 东乡| 湖口县| 老河口市| 宣武区| 永善县| 洱源县| 江安县| 腾冲县| 田阳县| 专栏|